『おいしい食体験ができる宿』「gochi荘」

日刊ゲンダイ』4月10日号(本日発売)の記事を寄稿しました。農村・漁村の民泊50軒をネットワークし新たな観光スタイルを作った「テーブル・ア・クロス」岡田奈穂子さん。http://tableacloth.com/ ●これまでの農泊とはまったく違った視点で光を当てた注目の活動。『おいしい食体験ができる宿』「gochi荘」https://gochisouoyado.com/ 彼女は世界40か国120都市を旅し、そのノウハウを上手く活かしています。これまであるようでなかった農漁村の観光創出です。彼女の記事は明日以降「日刊ゲンダイ」WEB版で配信予定。住生活産業情報誌「ハウジング・トリュビューン」連載でも紹介。 https://htonline.sohjusha.co.jp/rensai/kanemaru-report/

 

f:id:yurachi:20210409154048j:plain

美味しい宿Gochi荘

 

月刊『クリンネス』5月号 和歌山県田辺市「たなべ未来創造塾」

環境の雑誌での連載を始めました。

f:id:yurachi:20210407171748j:plain

月刊クリンネス


一般財団法人 環境文化創造研究所)
https://www.kanbunken.org (2021年5月号 4月1日発売)テーマ「地方創生で注目は和歌山県田辺市の人材塾」●2016年から始まった若手起業を支援する「たなべ未来創造塾」。少数精鋭の多業種若手メンバーを選抜し大学・金融機関・事業者とも連携し、地域にビジネスを生み出して大きな成果をあげています。もっとも注目の活動です。『クリンネス』はイカリ消毒が母体。全国100か所の事業所で冊子は配布されています。

内閣府より「地域活性化伝道師」

f:id:yurachi:20210403140603j:plain

内閣府からの登録証


内閣府から「地域活性化伝道師」の登録証が届きました。要請のあった地域へアドバイスに現地にうかがう国の人材派遣事業です。ご指名のあった市町村にうかがうことができます。ご利用いただければ幸いです。私の得意分野は食のブランド化、プロモーション、食育、食の観光、食を中心とした地域づくりです。詳細は内閣府のホームぺージで公開されています。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/siryou/pdf/00dendoushi_gaiyou_02.pdf

「鹿児島県指宿から野菜の玉手箱」

鹿児島県指宿市役所勤務の湯ノ口さとみさんから、いつも新鮮な野菜が届きます。お母さんが栽培されたものです。スナップエンドウを始め、季節の野菜がいっぱい。幸せな贈り物です。きっかけは、指宿に講演にいったとき、食のテキスト化の話をしたことです。野菜の栽培履歴や特徴、栄養価などをレシピを連携させて食べ方まで提案をしていくものです。ブランドや販売、食育につなぐものです。それを湯ノ口さんたちはしっかり具体化されたのでした。素晴らしい取り組みをされています。●食の雑誌「味の味」(アイディア)でエッセイ「地食がおもしろい」を隔月連載中です。84回10年目となります。http://www.ajinoaji.com/ 2021年4月号(4月1日発売)のテーマは「鹿児島県指宿から野菜の玉手箱」●冊子はホームページ掲載の料理店、菓子店、酒蔵などで無料でもらえます。

f:id:yurachi:20210203165903j:plain

指宿市からのスナップエンドウ

 

鈴木純子さんとご家族・仲間たちの米沢「特別栽培米」をご紹介

農業に携わる女性応援プロジェクト「お取り寄せで応援」がスタート。その⑥「リベラルファーム米沢」鈴木純子さんとご家族・仲間たちの「特別栽培米」をご紹介します。 https://wan.or.jp/article/show/9449 ●お米を作ったのは「山形県のブランド米沢牛を支えるえるお母さん」 https://wan.or.jp/article/show/7621 ●これまで全国5カ所の「お取り寄せで応援」を紹介しています。https://wan.or.jp/general/category/otoriyose ●「金丸弘美のニッポンはおいしい!」連載中。Women's Action Network(上野千鶴子理事長)WEB掲載されています。http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/yotei/yoteidetail.php?&no=768&a=20

f:id:yurachi:20210401013403j:plain

米沢の農家のお米を応援

 

「僕の本づくりについて話そう」

noteで、

f:id:yurachi:20200926182926j:plain

これまで手掛けた本


のタイトルで投稿しました。
https://note.com/inakaryoku

これまでの本づくりについて書いてみようとの試みです。
ライターズネットワーク主宰http://www.writers-net.com/での
藤岡比左志さん(元ダイヤモンドビッグ社社長・現出版社顧問)と私(金丸弘美)
との対談をきっかけに始めたものです。
会場提供はモーハウス光畑由佳さんです。https://mo-house.net/

noteまだ始めたばかりで、よく使いこなせておりません。
みなさんのアドバイスも受けながら進めていきたいと思っています。
どうかよろしくお願い申し上げます。

 

「趣味や特技を生かして住みながら働く」のコンセプト「なりわい暮らし」

都市からの移住が増えているのが神奈川県茅ケ崎。そこに新たな賃貸住宅が生まれた。

f:id:yurachi:20210327171156j:plain

茅ケ崎 TSUBANA


。二階が住まいで1階を店舗にしたりワーキングスペースにしたもの。芝生のあるコミュケーションスペースもあり、ご近所が連携していくというもの。この賃貸住宅はコロナ以前から進められていたもので、今、大きな注目となっている。神奈川県で不動産事業を手掛けるアーバンとブルースタジオが手掛けたものだ。●住生活産業総合雑誌「ハウジング・トリュビューン」(創樹社)2021年4月9日号掲載。https://htonline.sohjusha.co.jp/ 「金丸レポート」を隔号好評連載中です。バックナンバーも読めます。 https://htonline.sohjusha.co.jp/rensai/kanemaru-report/