給食には園で栽培された四季折々の野菜が登場

食育/給食の実践活動のレポートを行っています。素晴らしいのが東京都立川市「ふじようちえん」。その2が配信されました。●給食には園で栽培された四季折々の野菜が登場(1月15日配信)
https://note.com/godo_shuppan/n/n33799e830c6b ●子どもの本来の能力を引き延ばす教育の仕組みに多くの関心が寄せられています。●その1●出会いはアリス・ウォータースさんの食事会から(1月8日配信)https://note.com/godo_shuppan/n/nc3d358c816e3 その3●誕生は1971年 地域の子どもたちのために始まった(1月22日配信予定)●その4●園そのものを子どもたちの遊べる遊具として設計する(1月29日配信予定)●WEBでの連載がスタート。人と地域を元気にする地産地消の給食改革!●【第1弾=岡山県笠岡市】医療法人緑十字会笠岡中央病院(配信中)https://note.com/godo_shuppan/n/n204e2b09fae7 ●【第2弾=新潟県新潟市「株式会社総合フードサービス」(配信中)https://note.com/godo_shuppan/n/nec2ab92053f5 ●金丸弘美(食環境ジャーナリスト・食総合プロデューサー)◎ホームページhttp://www.banraisya.co.jp/kanamaru/home/index.php

ウィズコロナ時代の地方創生」

巻頭特集を執筆させていただきました。月刊『クリンネス』(一般財団法人 環境文化創造研究所)
https://www.kanbunken.org/ (2021年2月号 1月1日発売)「

f:id:yurachi:20210113113011j:plain

月刊クリンネス

6ページ 文・金丸弘美 https://www.kanbunken.org/publication/cleanness/ ●SDGsの実践で知られる埼玉県・石坂産業 https://ishizaka-group.co.jp/再生可能エネルギー上田市民エネルギーhttp://eneshift.org/、宝塚すみれ発電 https://sumire.bona.jp/小田原市・蒲鉾「鈴廣」https://www.kamaboko.com/ と「エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議」 https://enekei.jp/ 。人材育成に力を入れる和歌山県田辺市「たなべ未来創造塾」 https://futer-tanabe.site/、 高知県「土佐MBA」https://www.kocopla.jp/tosamba/topics.php などを紹介しています。●冊子発行の研究所の母体は「イカリ消毒株式会社」.冊子は営業用で配布されています。環境衛生、食品衛生、公衆衛生の活動を行う会社です。https://www.ikari.co.jp/ ●執筆の推薦をしてくださったのは谷川力さん(環境文化創造研究所理事・獣医学博士)です。イカリ消毒では都市のビルの衛生管理やネズミ駆除も行っています。都市のビルの飲食店や住居にはクマネズミが住んでいます。病気の介在をするだけでなく、電線を齧って停電、漏電、火災につながるケースもあります。クマネズミは棲み処の森林が伐採され食料のあるビルや住宅に移動したのです。●『スーパーラット 都市の野獣クマネズミの恐怖』金丸弘美著(徳間書店 2000年) http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php...(本の編集は、国田昌子さん)このドキュメントを手掛けたときに現場で丁寧に教えてくださったのが谷川力さんでした。本は当時、日本テレビ特番ほか、TBSでも特集が組まれました。「朝日新聞」一面(夕刊)、「AERA」の特集、「毎日新聞」「西日本新聞」「日刊ゲンダイ」など大きく報道されました。環境と暮らしに関心を抱くようになった大きなきっかけになったものです。

東京都立川市「ふじようちえん」の給食と食と学びの体験

f:id:yurachi:20210108225007j:plain

「ふじようちえん」の体験ファーム


連載「人と地域を元気にする地産地消の給食改革!」●

f:id:yurachi:20210108224718j:plain

「ふじようちえん」の体験ファーム


を紹介。食を通した直感的な体験を重ねる幼児の学び。その第1回目を配信しました:出会いはアリス・ウォータースさんの食事会から(1月8日配信) https://note.com/godo_shuppan/n/nc3d358c816e3 専用の畑と農業担当の方がいて四季折々に野菜をつくり、子供たちは収穫体験をして野菜が毎日の給食に登場する。自然からの学びをふんだんに取り入れた画期的な幼稚園。これから毎週金曜日に4回に分けてお届けします。●WEBでの連載がスタート。note合同出版連携●【第1弾=岡山県笠岡市】医療法人緑十字会笠岡中央病院(配信中) https://note.com/godo_shuppan/n/n204e2b09fae7  ●【第2弾=新潟県新潟市「株式会社総合フードサービス」(配信中)https://note.com/godo_shuppan/n/nec2ab92053f5

東京都立川市「ふじようちえん」の給食と食と学びの体験

連載「人と地域を元気にする地産地消の給食改革!」●

f:id:yurachi:20210108224718j:plain

「ふじようちえん」の体験ファーム


を紹介。食を通した直感的な体験を重ねる幼児の学び。その第1回目を配信しました:出会いはアリス・ウォータースさんの食事会から(1月8日配信) https://note.com/godo_shuppan/n/nc3d358c816e3 専用の畑と農業担当の方がいて四季折々に野菜をつくり、子供たちは収穫体験をして野菜が毎日の給食に登場する。自然からの学びをふんだんに取り入れた画期的な幼稚園。これから毎週金曜日に4回に分けてお届けします。●WEBでの連載がスタート。note合同出版連携●【第1弾=岡山県笠岡市】医療法人緑十字会笠岡中央病院(配信中) https://note.com/godo_shuppan/n/n204e2b09fae7  ●【第2弾=新潟県新潟市「株式会社総合フードサービス」(配信中)https://note.com/godo_shuppan/n/nec2ab92053f5

東京都立川市「ふじようちえん」の給食と食と学びの体験

連載「人と地域を元気にする地産地消の給食改革!」●

f:id:yurachi:20210108224718j:plain

「ふじようちえん」の体験ファーム

●東京都立川市「ふじようちえん」の給食と食と学びの体験を紹介。
食を通した直感的な体験を重ねる幼児の学び。その第1回目を配信しました:出会いはアリス・ウォータースさんの食事会から(1月8日配信) https://note.com/godo_shuppan/n/nc3d358c816e3 専用の畑と農業担当の方がいて四季折々に野菜をつくり、子供たちは収穫体験をして野菜が毎日の給食に登場する。自然からの学びをふんだんに取り入れた画期的な幼稚園。これから毎週金曜日に4回に分けてお届けします。●WEBでの連載がスタート。note合同出版連携●【第1弾=岡山県笠岡市】医療法人緑十字会笠岡中央病院(配信中) https://note.com/godo_shuppan/n/n204e2b09fae7  ●【第2弾=新潟県新潟市「株式会社総合フードサービス」(配信中)https://note.com/godo_shuppan/n/nec2ab92053f5

注目されている「食育」の背景と課題(前編)

「産業新潮」(産業新潮社)1月号(2021年1月1日発売)に寄稿しました。
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
「国の指針として取り上げられ、各方面で

f:id:yurachi:20201229085151j:plain

「産業新潮」1月号




食育基本法ができたのは2005年。食べることの基本をなぜ国が法制化したのか。
その背景には増える生活習慣病の肥大と医療費の増大がある。その具体的な内容を
数字をひもときながら解説しました。

唐津くんち 蟹(ツガニ)料理

給食と栄養士さんの雑誌「月刊学校の食事」(学校食事研究会) https://www.gakkounosyokuji.com/ ●長男・金丸知弘が「金丸知弘が見た食の目」を連載中。45回目 ●1月号(12月10日発売)は、テーマ「ツガ二を食す」●彼のおばあちゃんの故郷・佐賀県唐津市の秋祭り「唐津くんち(供日)」で登場する蟹(ツガ二=モクズガニ)を中心にお祭りのもてなしの料理の話が特集されています。例年11月2、3、4日に開催。14台の漆塗りの勇壮な曳山(山車)が町内を巡ることで知られます。(残念ながら、今年は新型コロナで中止)素晴らしいのが家々で作られるおもてなしの「くんち料理」。祭りのある家では100名から300名分ほどの豪華な料理を用意します。●彼・金丸知弘は現在の住まい和歌山県田辺市で蟹(ツガ二)を手に入れ料理し、唐津のくんち料理を思い出し、さまざまな祝宴の様子を楽しく綴っています。●「唐津くんち」は、2冊の本になっています。
「えんや 写真集・唐津くんち」英伸三・写真 金丸弘美・文(家の光協会) 1992年 http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?no=116 ●「えんや! 曳山が見た唐津」金丸弘美・文(無明舎出版) 2002年 http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?no=102 ●金丸知弘は2016年東京から和歌山県田辺市龍神村に移住し、現在、食品加工工房と、1棟貸しのゲストハウスを営んでいます。http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/profile/index.php?&id=2 ●金丸知弘ゲストハウス「一棟貸宿 小家御殿」https://gochisouoyado.com/app/hotel/44/plans ●田辺市は、若者の夢と起業支援する「たなべ未来創造塾」が、市・大学・金融機関・地域事業者連携で実施されています。彼も塾に推薦され市の支援で仕事も創ることができました。素晴らしい制度で、ここ4年で35の若者の起業が生まれ大きな注目となっています。●地域に若者の事業を生み出す和歌山県田辺市「たなべ未来創造塾」 https://www.godo-shuppan.co.jp/news/n33535.html

f:id:yurachi:20061103123721j:plain

くんち料理