「厨房の学とよい食の術」●「イタリア料理大全」

長男・金丸知弘が「月刊学校の食事」(学校食事研究会)で連載をしています。https://www.gakkounosyokuji.com/ ●タイトルは「金丸知弘が見た食の目」。●第43回。2020年11月号(10月10日発売)は「130年前の料理本イタリア料理の原点 ペレグリーノ・アルトゥージ

f:id:yurachi:20200922171722j:plain

魚料理「カッチュッコ」

f:id:yurachi:20200922111037j:plain

魚料理「カッチュッコ」

f:id:yurachi:20201020095923j:plain

「学校の食事」2020年11月号

f:id:yurachi:20200710122851j:plain

「イタリア料理大全」(平凡社

f:id:yurachi:20201020095958j:plain

「学校の食事」連載「金丸知弘が見た食の目」






平凡社https://www.heibonsha.co.jp/book/b470538.html の本に登場するレシピについて書いています。実際に彼が魚料理「カッチュッコ」をつくってもいます。●金丸知弘のプロフィールです。金丸知弘 http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/profile/index.php?&id=2

連載開始! 「人と地域を元気にする地産地消の給食改革!」

地産地消給食」の連載がスタートしました。毎週の連載予定です。●

f:id:yurachi:20191219140126j:plain

笠岡中央病院管理栄養士・粟村三枝さん(左)とイチゴ農家


【第1弾=岡山県笠岡市】医療法人緑十字会笠岡中央病院 https://note.com/godo_shuppan/n/n204e2b09fae7 4回にわけて登場します。笠岡中央病院では栄養士さんたちが、給食をすべて見直し国産中心に切り替えました。同時に始めたのが、月1回の「地産地消御膳」。徹底的に地域を巡り農家、直売所、水産加工所などと連携して地元産の食事を始めました。生産農家もマップや絵で紹介しています。病院食を変えた素敵な取組みです。●私は2014年から農林水産省地産地消拡大の推進事業の委員として参加させていただいています。食育推進も食育基本計画ができた2005年以前から実践の場で活動してきました。今度、新たに、最近出会った人や地域で、素敵な活動を紹介する連載を始めました。ぜひ多くの方々にお知らせ願えると幸いです。

f:id:yurachi:20191219123410j:plain

毎月1度出る「地産地消御膳」

 

三浦半島5代目農業を継ぐ農業女子・小島有貴さん

農業・食の現場で活動する元気な女性を紹介する「金丸弘美のにっぽんはおいしい!」。最新号お届けします。https://wan.or.jp/article/show/9174 三浦半島横須賀市の直売所「すかなごっそ(横須賀のご馳走)」に出荷する5代目を継ぐ小島有貴さん。チコリー、キャベツ10種類、三浦大根など彩り豊かな野菜を作っています。ここの直売所大人気です。●記事はWAN(Women's Action Network/東大名誉教授・上野千鶴子理事長)で配信中●バックナンバーも読めます。
http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/yotei/yoteidetail.php?&no=768&a=2017

f:id:yurachi:20201015085031j:plain

自慢のスイカを出荷する小島さん

f:id:yurachi:20160709090544j:plain

直売所「すかなごっそ」

 

三浦半島5代目農業を継ぐ農業女子・小島有貴さん

農業・食の現場で活動する元気な女性を紹介する「金丸弘美のにっぽんはおいしい!」。最新号お届けします。https://wan.or.jp/article/show/9174 三浦半島横須賀市の直売所「すかなごっそ(横須賀のご馳走)」に出荷する5代目を継ぐ小島有貴さん。チコリー、キャベツ10種類、三浦大根など彩り豊かな野菜を作っています。ここの直売所大人気です。●記事はWAN(Women's Action Network/東大名誉教授・上野千鶴子理事長)で配信中●バックナンバーも読めます。
http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/yotei/yoteidetail.php?&no=768&a=2017

f:id:yurachi:20201015085031j:plain

自慢のスイカを出荷する小島さん

f:id:yurachi:20160709090544j:plain

直売所「すかなごっそ」

 

一般向けの住まいで商店街の2階を蘇らせる

連載中。住生活産業総合情報誌「ハウジング・トリビューン」 Vol.607(2020年10月23日19号) https://store.sohjusha.co.jp/product/ht605/  ●金丸レポート【田舎再生の現場から】case10・静岡県熱海市②「

f:id:yurachi:20201014100829j:plain

f:id:yurachi:20201014100850j:plain

f:id:yurachi:20201014101915j:plain




 客付け、リノベ、管理で活用の道筋、家賃保証まで」●静岡県熱海市熱海駅から15分の熱海銀座では、商店街の2階の空きスペースを居住空間にリノベーションし、町一体が暮らしの場になるという、新たな街づくりが実施されている。●町で働く若い人たちのために、どんな空間が欲しいか話を聞き、それにあわせて改装をしていくというカスタマイズのスタイル。しかも部屋を町全体に連携させていくという斬新な試み。●商店街に直結していることから食事から買い物までがすぐできる。商店街の2階の空いた部屋を再生したゲストハウスやコアワーキングスペースもあり、打ち合わせの会議もできるし、知り合いが来ても泊めることができる。飲食店では懇親会も可能だ。温泉地でもあるので、すぐ近くの温泉でくつろぐこともできるし、浜辺も近く散策もできるというわけだ。町ごとが居住空間というコンセプトだ。

小泉武夫先生講演「くさいは、うまい」

 10月9日「NPO法人発酵文化推進機構 第八回 秋の記念講演会 「くさいは、うまい」」に出かけた。https://hakkou-bunka.jp/info/1019.html 懇親会で小泉武夫先生にサインをいただく。先生の著作2冊のほかに解説を書かれた秋山徳蔵著「味 天皇の料理番が語る昭和」(中公文庫)も持参したら、面白がってサインしてくださった。左から「食って閃く。金丸先生。小泉武夫」「臭いは一番、電話は二番、三時のおやつは金丸飴。小泉武夫」「解説に本の真価を知る。金丸先生。小泉武夫」とある。笑ってしまった!

f:id:yurachi:20201010201158j:plain

f:id:yurachi:20201010201248j:plain

f:id:yurachi:20201009173253j:plain

●写真は左から講演者・徳山浩明さん(徳山鮓店主)、 小林純さん(チーズ評論家)、観客でお見えになった阿川佐和子さん、 講演者・高野秀行さん(ノンフィクション作家)、小泉武夫先生。



小泉武夫先生講演「くさいは、うまい」

 10月9日「NPO法人発酵文化推進機構 第八回 秋の記念講演会 「くさいは、うまい」」に出かけた。https://hakkou-bunka.jp/info/1019.html 懇親会で小泉武夫先生にサインをいただく。先生の著作2冊のほかに解説を書かれた秋山徳蔵著「味 天皇の料理番が語る昭和」(中公文庫)も持参したら、面白がってサインしてくださった。左から「食って閃く。金丸先生。小泉武夫」「臭いは一番、電話は二番、三時のおやつは金丸飴。小泉武夫」「解説に本の真価を知る。金丸先生。小泉武夫」とある。笑ってしまった!

f:id:yurachi:20201010201158j:plain

f:id:yurachi:20201010201248j:plain

f:id:yurachi:20201009173253j:plain

●写真は左から講演者・徳山浩明さん(徳山鮓店主)、 小林純さん(チーズ評論家)、観客でお見えになった阿川佐和子さん、 講演者・高野秀行さん(ノンフィクション作家)、小泉武夫先生。