「空き家をリノベーションして新たな価値を創造」

月刊『クリンネス』(一般財団法人 環境文化創造研究所)で連載中です。 https://www.kanbunken.org/ (2021年7月号 7月1日発行) ●テーマ

f:id:yurachi:20210606145534j:plain

月刊クリンネス 7月号


全国で空き家は840万戸。人口減のなかで各地で課題になっています。そんななかで空き家をリノベーションして新たに活用する活動が盛んになっています。『クリンネス』はイカリ消毒が母体。https://www.ikari.co.jp/ 全国100か所の事業所で冊子は配布されています。

地産地消コーディネーター派遣事業

国では学校給食、病院食、企業食などの「地産地消推進」を行っています。
現場ではうまく調整ができないところも少なくありません。
そこで専門家を現地に派遣しアドバイスをする
農林水産省の人材派遣事業があります(運営:まちむら交流機構)。

現在、希望のところを募集中です。ぜひご利用ください。
●「令和3年度・地産地消コーディネーター派遣事業」 
https://www.kouryu.or.jp/information/20210622_1860/ 
●「地産地消コーディネーター派遣事業専門家リスト」
https://www.kouryu.or.jp/service/pdf/R0209chisanchisho_list.pdf 
(ちなみに金丸は、この事業の企画委員に参加させていただいています。
 専門家にも登録していただいています)

●各地の「地産地消」の取組を連載中です。
「金丸弘美のニッポンはおいしい!」
http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/yotei/yoteidetail.php?&no=768&a=2017
「人と地域を元気にする地産地消の給食改革!」
https://note.com/godo_shuppan/
「もっと先の未来の歩み」
https://www.godo-shuppan.co.jp/news/n34930.html

「瀬戸内ジャムズガーデン」

日刊ゲンダイ」6月19日号(6月18日発売)瀬戸内海の離島・周防大島でジャム加工で1億円。
島に経済と雇用と観光をもたらした「瀬戸内ジャムズガーデン」を紹介。明日以降WEBで配信されます。●「瀬戸内ジャムズガーデン」は、「美味しい田舎のつくりかた:地域の味が、人をつなぎ、小さな経済を耕す」(学芸出版)でも紹介しています。 http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/book/bookdetail.php?no=196&a=1

「食育で育む未来の町づくり」YouTube配信

食育と食からの地域づくりの番組ができました。YouTubeで配信中です。
(制作:京都府宇治市&「うじテレビ」)
宇治市は食育に力を入れており番組は市との連携事業で生まれたものです。

おかげさまで好評です。各地から感想が届いています。


f:id:yurachi:20150730122607j:plain

食のワークショップ



https://www.youtube.com/watch?v=-ztpU9TX8J8
各地の具体的事例を写真をたっぷりに紹介します。

●「食育のマエストロが伝える宇治の農業の可能性」
岡田剛治(農家)×金丸弘美
https://www.youtube.com/watch?v=XTCf3RY-qcA
京都府宇治市の農家さんと今後の持続経済を話します。

「築20年の民家をリノベで住まい兼ゲストハウスに」BLODGE LODGE

住生活産業総合雑誌「ハウジングトリュビューン」(創樹社)で連載中です。住宅業界の専門誌です。既存の建て物をリノベーションし新たに活用する事例を紹介。●最新号6月25日No.11は京都府相楽郡和束町のプロジェット・マイケルさん育子さん

f:id:yurachi:20210612161625j:plain

ハウジングトリュビューン

f:id:yurachi:20210612161723j:plain

BLODGE LODGE



。茶畑の中の1軒屋。英語と得意の料理を活かしたおもてなしで好評です。●紹介記事は雑誌発売後WEBで配信されます。 https://htonline.sohjusha.co.jp/rensai/kanemaru-report/ これまで、28事例を取り上げています。

「地方で注目される農産物直売所」

「地方創生」をテーマに毎月コラムを執筆させていただいています。月刊『クリンネス』(一般財団法人 環境文化創造研究所) https://www.kanbunken.org/ (2021年6月号) 4月号から連載。今月は「地方で注目される農産物直売所」。全国で2万3、870か所(農水省2018年)あります。生鮮三品を揃え食べる場やレシピ提案、消費者・農家のコミュケーションをしっかりとってきたところはコロナ以降も売り上げを伸ばしています。●『クリンネス』はイカリ消毒が母体。https://www.ikari.co.jp/ 全国100か所の事業所で冊子は配布されています。

f:id:yurachi:20210509090326j:plain

月刊クリンネス 6月号

 

埼玉県鳩山町で里山と環境を活かしたまちづくりフォーラム

埼玉県鳩山町里山と環境を活かしたまちづくりフォーラム全4回が開催されます。ぜひお出かけください。●熊井の森自然学校ポスター http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/data/yotei/yotei1014-2.pdf ●第4回まちづくり懇話会●講演/<食>を活かした地域づくり――全国の食を活かした地域づくりの事例を元に、鳩山町で何ができるかを話し合いましょう●講師/金丸弘美氏 総務省地域力創造アドバイザー●日時/6月19日(土) 午後1時~3時●会場/交流体験館◉鳩山町泉井 524ー1(鳩山町営路線バス「 泉井停留所」下車)●参加費/500円(会場費、資料代)●主催:NPO法人はとやま環境フォーラム☎ 参加申し込み先・問いあわせ049-227-3001

f:id:yurachi:20210603075505j:plain

熊井の森自然学校ポスター